バックナンバー
  • トップ

仕事内容によって服装を変えよう

仕事用の服装は、企業によっては制服があるということもありますが、私服で自由な格好だという企業もあるものです。とくに男性になれば、作業系の仕事になれば作業服という形で制服があったとしても、事務になれば女性のようなスーツスタイルの制服が男性用として用意されるということはほとんどありません。私服となれば、自由度があるために自分のおしゃれな服装を発揮できるチャンスでもありますが、仕事着であることからカジュアルすぎないようにすることも重要です。スーツスタイルとなれば、ジャケットとパンツが同じ素材で作られていてセットで販売されていることになりますが、ジャケットとパンツをそれぞれ別に購入して合わせて着るという場合には、カジュアルな服装に見られてしまうこともあります。デザイナーなどのクリエイティブ系の仕事をしている人になれば、カジュアルな格好であってもマナー違反と思われることは少ないのですが、一般企業の営業の人になれば、お客さんの会社に訪問する時にはカジュアルすぎる格好はマナー違反になってしまうこともあります。仕事で着る服は、自分らしさも必要ではありますが、TPOに合わせたスタイルにするということが大切です。

↑PAGE TOP